家に発生するネズミは、急に家の中に出現するのではなく、家の中にある隙間などを通って家の中に侵入して住み着きます。

ネズミ対策の方法としては、ネズミが家に入ってこないような対策が欠かせません。ネズミはどこから入るのか、そしてどうやって侵入を防げばいいのか、解説していきます。

ネズミは一体どこから侵入してくる?

建物の構造上の隙間が狙われている

一体どこからネズミは侵入してきているのか。その答えの一つであるのが、建物の構造上、必ず隙間になっている場所からの侵入です。

一般的な家屋には、床下の通気口や換気扇の隙間、エアコンの排水ホース、雨水の排水パイプなどが代表的な部分です。これらの隙間から、人が察知しない間に家屋の中に侵入してきます。

これらの隙間は、建築をする上で必ずできてしまう隙間です。ネズミはそのような隙間も、見逃さずに狙っています。ネズミの侵入を防ぐためには、これらの隙間に侵入防止の措置を施す必要があります。

外装の破損部分から侵入

建物には、構造上必要な隙間だけではなく、様々な理由による破損でできた隙間も存在しています。それらの隙間も、当然のようにネズミの侵入経路となってしまいます

経年劣化してしまった壁の穴はもちろん、風害によってダメージのある屋根、割れた窓ガラスの隙間などがネズミの侵入する破損部分の典型的な部分です。それに加えて、ネズミ自体が壁に穴を開けて侵入してくるということもあります。

自宅が大きいほど、どこが破損しているのか把握しづらいものです。その隙をついてネズミはこっそりと侵入をしてきます。そうならないために、外装部分が破損していないか定期的なチェックを行わなければなりません。

ネズミの侵入口の探し方

自分で家屋周辺を目視で確認する

自分の家には、ネズミが侵入してくる場所がどこにあるのか。それを確認する方法として、一番手っ取り早いのが自分で家屋周辺を回って目視で侵入経路を確認するということです。

普段生活をしている中では、自宅にそれほど隙間があるように感じることはありません。しかし、ネズミの侵入口を探すという目的を持ちながら確認をすると、予想外にネズミが入ってきそうな場所を見つけることができます。

上記で紹介したネズミの侵入口の例を参考にするのはもちろんのこと、住まわれている家屋だけにあるネズミの侵入経路などもあるかもしれません。それらを注意深く観察してみてください。

ラットサインを見つけて侵入口を推測する

自宅におけるネズミが侵入しやすそうな場所を把握できたとしても、その数の多さから、どの場所が頻繁にネズミに侵入されているのか特定しにくいという問題が出てきます。その問題を解決する上で、ラットサインを読み解くことはとても有用な方法です。

ラットサインは、ネズミが行動をした痕跡のことであり、糞尿や壁の汚れなどがそれにあたります。このラットサインを見つけることができれば、その近くの侵入口がネズミに使用されている経路と推測できるでしょう。

侵入経路の特定は、ラットサインの情報をうまく活用すれば、それほど難しくなくなります。

侵入口の封鎖に使える道具について

金属製の金網や板

ネズミの侵入を防ぐためには、その経路を塞ぐ道具の使用が欠かせません。その中でよく使われているのが、金属製の金網や板です。

これらの製品は、通気口などに設置することによって、ネズミが入り込む隙間を無くすことができます。

ふさぎたい場所によって使用する金属製品も変わりますので、その場所に応じたものを使用してください。これらの道具はホームセンターなどでも手に入れることができます。

なお、金属製のものを使用するのは、ネズミの強力な前歯で破損されないようにするためです。弱い素材の道具だと、壊されて侵入を許す可能性があるので気をつけましょう。

防鼠パテ・テープ

自宅の壁等にネズミが通れるほどの穴が空いている場合、その対策として使用できるのが防鼠パテや防鼠テープです。これらで穴を塞ぐことによって、ネズミの侵入を防ぎます。

これらのパテやテープは、ネズミが嫌がる成分を含んでいます。そのため、ネズミが侵入する穴を塞ぐという効果だけではなく、ネズミが近寄り難くなるという効果も発揮してくれる特性があります。

普通のパテやテープで塞ぐよりも、こちらの防鼠パテやテープを使う方がネズミへの効果は高いですので、積極的な使用をお勧めします。

まとめ

ネズミが自宅に侵入してくるのは、それだけ自宅に隙間があるからかもしれません。それゆえに、ネズミの侵入を防ぐためには、それらの隙間に対して、適切な対処や対策を行っておく必要があります。

ネズミが頻繁に出入りをしている侵入口を見つけるとともに、見つけた侵入口へ適した侵入防止道具を使い、ネズミが入らない理想的な家屋を目指しましょう。

詳しくはこちらの記事へ → ネズミ被害の実情〜フン尿編〜