繁殖力が高く、捕まえることも一筋縄ではいかないネズミを、自宅から徹底駆除するためにはどうすれば良いのでしょうか

私がネズミ駆除をた経験から思ったこと、そしてネズミ駆除を専門にする業者に作業を依頼してみたことなどを踏まえて、徹底駆除のために重要なことを考えていきたいと思います。

私が駆除をして限界を感じたこと

ネズミの特性を把握できない

自分でネズミ駆除をするためには、ネズミの心理や動きを推測して、その対策を打たなければなりません。そうしなければ、警戒心を持たれてネズミ対策に引っかかってくれないからです。

しかし、それほど知識の無い人が付け焼き刃の知識でネズミの特性を把握しようとしても、空回りしてしまいます。私も毒エサや粘着シート、捕獲器などの道具を設置してみたものの、しばらくは効果が出せずに空回りする期間が長かったです。

ネズミはとても頭の良い生き物ですので、一朝一夕ではその特性の把握が難しいと感じました。

ネズミを知るには信頼できる自治体のサイトが役に立ちます。例を紹介しておきますね。
名古屋市:ネズミ -家の中でみかけたことはありませんか-(暮らしの情報)

駆除道具を使いこなせない

ネズミを駆除する上では、複数の駆除道具を使わなければなりません。というのも、一つの道具を使用しただけでは、十分な駆除効果を出すことができないからです。

駆除に使う道具としては、毒エサ、忌避剤、捕獲器、粘着シートが代表的です。これらの道具は、それぞれに適した使い方があり、本当の意味で効果的に使用するならば、使い方にある程度熟練しなければなりません。自分での駆除では、上手な使い方ができませんでした。

駆除道具を使いこなせないのは、ネズミ駆除おいて致命的です。それぞれの駆除道具の説明書に書いてある使い方だけでは不十分であるという点も、ネズミ駆除が素人では難しいと感じたことのひとつでした。

ネズミ駆除業者に作業を頼んでみた結果

専門的に徹底的な駆除を行ってくれた

個人でのネズミ駆除に限界を感じたことから、ネズミ駆除を専門としている業者に作業を依頼することにしました。その結果、徹底的な駆除作業を行ってもらうことができ、とても満足しました。

まず、個人で把握できなかったネズミの行動パターンを、長年の経験からすぐに割り出していました。そして適切な駆除方法を、効果的な場所で行ってくださり、スピーディーに駆除作業を完了してくれました。

専門業者はさすがプロだけあって、ネズミの裏をかくようにして駆除作業を行い、ネズミに翻弄されることが無かったのはさすがです。これが個人とプロの差だと感じました。

アフターフォローについてもしっかりとしていた

ネズミ駆除業者に依頼をして良かったと思ったのは、駆除が終わった後のアフターフォローについてもしっかりとしてくれていた点が挙げられます。

一旦家の中からネズミを駆除できたとしても、再発生をする可能性があります。それに、外部からネズミが新たに侵入する可能性も高いです。

その点については、もしも再発生した時の補償をつけてくれたり、新たなネズミの侵入を防ぐために、侵入経路を塞ぐというネズミ予防策を行ってくれました。

専門業者に依頼をして、徹底的なネズミ駆除をするには、的確な駆除だけではなく駆除を行った後の対応も重要であるということがわかりました。

そしてアフターフォローの部分についても、専門業者に任せておくことの方が利便性もコスト面も良いです。

ネズミの徹底駆除をする方法:まとめ

個人での対応が難しければ専門家を利用する

ネズミ駆除に使う道具は市販されていますし、駆除方法もインターネットなどで公開されています。そのため、個人でネズミ駆除を行うことは可能ではあります。

しかし、どれだけ道具や知識が手に入ったとしても、個人では対応が難しいというケースは多いです。

このような駆除が難しい状態に陥ったならば、躊躇わずに専門家を利用するようにしましょう。

専門家ならば費用はかかるものの、体系化された方法でネズミを駆除できるので、失敗することがありません。

個人が素人知識で駆除を行っても、徹底的な駆除は現実的ではありません。徹底ということを目指すなら、専門業者への依頼は間違い無い方法となるでしょう。

私は、ねずみ駆除業者さんのサイトを読んで、ネズミの種類や特性、駆除のポイントを勉強したことがあります。
最終的にはその業者さんに依頼しましたが、自分できる範囲の対策もわかったり、とても役に立ちました。
「家に出たネズミをなんとか駆除したい!」という方はこちらを読んでみてください。

予防策を十分に行う

ネズミからの被害を避けることは、今被害をもたらしているネズミだけを対象にするだけでは十分ではありません。今居るネズミを駆除した後、次のネズミ被害を避ける為にも、予防策を十分に行っておきましょう。

予防策としては、ネズミの侵入口を塞ぐことや、忌避剤や超音波発生機器の設置などが挙げられます。これらの対策についても、自分で行えるほか、より効果的な予防策は専門業者に行ってもらうことが可能です。

十分な予防ができていなければ、単発的に徹底したにネズミを駆除したとしても、また新たにネズミが住み着いて被害を発生させます。本当の意味でのネズミ駆除の徹底さを追求するのであれば、そもそもネズミが住みつかない家を目指すことが大切なのです。